日本人には歯並びを綺麗にしたいと考えている人が非常に多い傾向にあります。日本人の食生活は欧米化に伴い、固いものを食べなくなり柔らかいものばかりを食べて顎が小さくなっています。



そのため歯が綺麗に顎の範囲に収まらず、出っ歯や八重歯になる人が大変多くなっています。


八重歯や出っ歯は愛嬌とかつては言われていましたが、やはり下品であったり知性的でない印象が強いと言えます。歯並びが綺麗であるだけで知的で品性を感じ、その人の魅力を倍増するようになります。

そのため歯並びに問題のある人は積極的に矯正治療を受けると良いでしょう。

治療を始めて三ヶ月もすれば歯が動き、見た目には綺麗な歯並びになります。

しかし咀嚼や発声、顎とのバランス、噛み合わせなど全てを考慮すると矯正治療は約一年から三年の歳月を要します。


矯正治療を受ける前にはこうした長期に渡る治療が必要であることを心得ておかなければいけません。

また日本では矯正治療は健康保険が適応されない自費治療になります。そのため歯全体を治療するとなると100万円前後の費用がかかることを心得ておかなければいけません。

信頼性の高いnanapiの有益な情報のご紹介です。

この治療費は決して安いものではなく、一ヶ月に一度のメンテナンスやワイヤー交換などのために通院すことを考えるとさらに費用がかさむことになります。

そのため治療を受ける前にはクリニックで費用面でもよく説明を受け、医療ローンやカード払いが可能なクリニックを選択することも大事です。