子供の歯の治療や口腔内の炎症などが起こった時に一般歯科に連れていくと、子供が泣いたりして大変な思いをすることがあります。子供の歯の治療や口腔内に関することは小児歯科で診てもらうのがおすすめです。

小児歯科では子供の虫歯予防や治療、歯の検査、歯磨き指導など一般の歯科とあまり変わらない内容のことが行われます。

しかし毎日少しずつ成長していく子供の場合、歯やあごなども当然毎日少しずつ成長していきます。

こういった成長にも合わせながら、子供に合わせた治療などを行ってくれるのが小児歯科なのです。



子供の虫歯などの治療の流れとしては、まずは医師による口腔内の診察やレントゲン撮影などを行って診断を行います。
治療計画を立てて、保護者と子供の両方にしっかりとした説明を行って、子供が嫌がったり怖がったした場合にはすぐに治療に入ることをせずに診察台に乗ることになれるために医師や衛生士と会話をしたり、治療の器具を説明したり、子供の気持ちを和ませることなどを行ってくれます。

そして子供の気持ちを優先しながら治療に取り掛かってもらうことができるので、保護者もただ泣きわめく子供を心配したり、周りの患者さんを気にしたりすることなく子供の歯の治療を受けさせることができるのも小児歯科の特徴です。



子供の様子を見ながら治療を進めてもらえるほか、歯の状態や成長に応じたメンテナンスなどの計画も立ててもらうことができますし、子供がわかりやすい歯磨き指導を行ってくれるもの一般の歯科との違いということができます。

Ameba News情報のご紹介です。