一般的にインプラント治療というと、失った歯の機能を取り戻すために行われます。
その他にも、矯正歯科治療の際にインプラントが利用されることがあります。

これは、失った歯の機能を取り戻すために使用されるインプラントではなく、矯正治療専用のものを使用し、歯並びを正しくするための治療法です。
これまで抜歯しなくてはならなかった歯並びであっても、抜歯すること無く歯並びを正しくすることが出来たり、治療期間を短くさせることも出来ます。



使用するインプラントは、小さく細いものです。

歯列全体ではなく、一部の歯だけを動かしたいという場合にもこれまでは多くの歯に矯正装置を使用する必要がありました。

しかし、この方法であれば、動かしたい歯だけに矯正装置を着用することが出来ますので、負担の少ない治療が可能です。

All Aboutの新しい魅力を紹介します。

矯正装置を装着した場合、凸凹が多くなりますので、歯磨きがしにくくなります。

その結果、磨き残しが出来てしまい、虫歯や歯周病などのリスクが高まる可能性があります。

インプラント矯正治療であれば、治療期間を短くすることが出来ますし、装着する矯正装置がシンプルですので、歯磨きもしやすく磨き残しが残りにくいというメリットがあります。



なお、この矯正歯科治療は全ての歯科医院で行うことが出来るわけではありませんので、あらかじめ行うことが出来るのかを確認するようにし、治療前にはメリットだけではなく、デメリットやリスクも確認することが大切になります。