iPhone修理横浜に依頼して直してもらう

スマートフォンの中でも壊れやすいのがiPhoneです。

iPhoneは繊細なものであり、ちょっとしたことで壊れてしまいます。最新の機種は強化ガラスも取り入れるといったように耐久性がましているものの、やはり壊れやすいスマートフォンであることは変わりません。特に怖いのが水没してしまうケースです。水没した場合には直すのも大変ですし、自分で対処することも難しいです。だからこそ、iPhone修理横浜に持っていって修理してもらうことをお勧めします。iPhone修理横浜ではiPhone関係の修理に強いですし、iPhone修理横浜でないと出来ないようなケースもあるくらいです。まず、水没した際にはなるべく直ぐに水から出すことが必要です。

水にいつまでも放っておけば、それだけダメージは広まっていきます。取り出したらタオルの上などにおいてまずは乾かしましょう。数分して動かないようならば、直ぐに修理工場に連絡して対応してもらうことが大事です。「このままでもなんとなく直るのでは」と放置しておくと、データ等も失われてしまってどうにもなりません。何よりもしてはいけないのが水没した際にスマートフォンを揺さぶることです。水滴を吹き飛ばすために、携帯を揺さぶる人がいますが、これは逆効果になります。揺さぶると水が更にスマホ内部の電子回路の奥深くまで浸透してしまって、更にダメージが増してきます。液晶も揺さぶると致命的なダメージを受けます。だからこそ、揺さぶらずに修理工場に送るまでは安置しておくことが必要です。修理工場では水没したような端末に対しては色々な方法で対処します。

例えば、バキュームを用いて水を取り出す他、自然乾燥室で自然乾燥も試みられます。状態が酷い場合には全分解してパーツ一つ一つを点検していきます。駄目になったパーツは取替が必要ですし、パーツによっては手作業で水を取らないといけない場合もあります。このようにかなり修理内容も複雑ですが、修理費用は状態によって変わります。軽度であれば5千円程度の値段で出来るものの、通常は1万円以上かかると考えて下さい。最悪の場合、部品交換等が必要になると3万円近くかかることも。しかし、貴重なデータ等が救出出来るようになりますから、お金に変えられない価値があります。また、何よりも直ぐに修理してもらうことが大事ですから、水に落としたらいち早く直ぐに持っていくようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *