失敗しない方法でスマホ修理横浜を利用する

不具合に対応しているのは、メーカーだけでなく取り扱いがある専門店などいくつかあって、気軽に利用しやすいものにスマホ修理横浜の店舗があります。

駅の近くやショッピングモール内など、足を運びやすいところに店舗があって便利です。24時間受付というところは、独立した店舗であることが多いです。ビルやショッピングモール内に入っているところだと、その建物の利用可能な時間によって営業時間も制限されているから、早朝や夜の受付はしていない場合があります。スマホ修理横浜に預ける前に、データの移行やバックアップなどできる状態であれば済ませておきましょう。たとえプロが対応するときであっても、リスクがあります。

注意しなければならないのは水没させたり浸水させたりしたときで、電源を入れるとショートしたり発火したりする恐れがあるため、そのままスマホ修理横浜へ出したほうがいいです。遠くの人でも、宅配や郵送受付を利用すればスマホ修理横浜の店舗に依頼することは可能です。送る前に、できれば破損状況などカメラで撮影して記録を残しておきましょう。修理依頼をした部分が直っていなかったとか、新たに傷がつけられてしまったというときの証拠として利用することができるためです。内部は分解して撮るわけには行かないので、外側だけ表と裏を写しておきます。内部は下手に開けると破損したり、自己修理と捉えられたりして保証や修理の対象外にされてしまうことがあるので、自分で分解することは避けましょう。

宅配や郵送するときは、傷がつかないようにエア緩衝材で包んでしっかりした箱に入れて送るのがベストです。エア緩衝材がないときには、新聞紙などで箱の隙間を埋める方法もあります。スマホ修理横浜の店舗で、専用の宅配郵送キットを送ってくれる場合もあるので、確認しましょう。持ち込みだとその場ですぐに修理してもらうことができますが、送った場合は状況をチェックしたあとに修理費用を算出して見積額の通知があります。

価格に納得してからの作業開始になるため、手元に戻ってくるまで時間がかかりやすいです。作業を依頼するとバッテリー交換を勧めてくることが多いですが、とくに劣化を感じていなければ断っても大丈夫です。すぐに充電がなくなるとか、異常な熱を持ちやすいといった不具合があるなら交換してしまいましょう。一緒にお願いしたほうが安くなることも多いので、直してもらう他にバッテリー交換も同時にお願いしたいなら、お得なプランを展開している店舗を見つけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *